必要なソフトやファイル

画面に出すものを決める

これまでは、ソフトを全てデスクトップ画面に出していた人がいるでしょう。
しかしその方法では画面が見えにくくなり、どこに何があるのか把握できなくなります。
作業効率が悪くなるので、まずデスクトップ画面を整理してください。
頻繁に使うソフトだけ出しておき、後はフォルダの中にしまいましょう。
すると必要な時に探す手間を省けるので、効率良く仕事を進められると思います。

また仕事で作成した書類のファイルや画像データなども、しまっておきましょう。
基本的に、余計なものはデスクトップ画面に出さないでください。
デスクトップ画面が散らかっていると気になって、作業に集中できなくなります。
よく使うソフトと、そうでないものを見極めましょう。

全く使っていないもの

インストールしたけれど、これまで1回も使っていないソフトがあると思います。
そのようなソフトは、思い切ってアンインストールしてください。
無駄なソフトがあるとパソコンの容量がいっぱいになり、起動するのが遅くなるなどのデメリットがあります。
同じように以前使った書類も、今後は使わないなら処分してください。

どうしても捨てられなかったり、必要かどうかわからなかったりする書類があればパソコンの中ではなく、クラウド上で管理しましょう。
クラウド上ならたくさん書類があっても、パソコンの動作に悪影響を与えることはありません。
問題なく、快適にパソコンを使い続けられるはずです。
こまめにいらない書類や、ソフトを整理しましょう。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c