どんな壁紙にすれば良いのか

派手な壁紙はおすすめできない

カラフルで、派手な壁紙をビジネス用のパソコンのデスクトップ画面に設定することは控えてください。
最初は良いかもしれませんが、ずっと見続けていると次第に目や脳が疲れてしまいます。
すると仕事に集中できなくなり、作業効率が低下するでしょう。
作業効率を高めることを心がけるなら、シンプルな壁紙を選択してください。

カラフルだったり派手だったりする壁紙は、プライベート用のパソコンやスマートフォンに使いましょう。
ビジネスとプライベートをしっかり分けることが、作業効率を高めるポイントです。
シンプルな壁紙にすると集中力が続くので、デスクトップ画面を変更してください。
具体的に、どのような壁紙がおすすめなのか知りましょう。

色にこだわって選んでみよう

集中力を長持ちさせたいなら、青い壁紙にするのが良い方法です。
ふんだんに青が使われているイラストや、水中の写真が良いでしょう。
また緑には、リラックス効果があります。
仕事をしながらも心を落ち着けたい人は、緑が多く使われている壁紙がおすすめです。
自然の風景を切り取った写真などがおすすめですね。

そのように色には効果があり、ビジネスには青や緑がおすすめです。
またいくつかシンプルで気に入っている壁紙を用意して、定期的に交換する方法もあります。
パソコンの壁紙が変わっただけで新鮮な気分を味わえるので、仕事により集中できると思います。
快適に仕事を進められるように、時間が空いている時に良い壁紙を見つけておきましょう。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c