どんな壁紙にすれば良いのか

これまで、ただ好きな壁紙を使っていたと思います。 しかし作業効率が上がらない時は、壁紙に問題があるのかもしれません。 特にカラフルで派手な壁紙だと集中力が切れやすくなったり、目が疲れやすくなったりするので変更しましょう。 ビジネスには、シンプルな壁紙がおすすめです。

必要なソフトやファイル

デスクトップ画面にたくさんのソフトやファイルがあると、どれが必要なものなのかわからなくなってしまいます。 できるだけデスクトップ画面には、余計なものを置かないように意識しましょう。 そのため保管用ファイルを作り、必要でないものはそこにしまってください。

無料でもらえる壁紙

ネットで探すと、無料で配布しているパソコンの壁紙があります。 その中で、気に入ったものを活用してください。 誰かが描いたイラストや撮影した写真は、本人に許可を得ないまま勝手にパソコンの壁紙にすることはできません。 許可をもらってから、インストールしましょう。

目が疲れないように

パソコンのデスクトップ画面は、自分で好きな壁紙に変更できます。
好きな写真やイラストを使っても良いですが、効率良く作業を進めるためにはシンプルなデザインを選択するのがおすすめです。
カラフルで派手なデスクトップ画面だと、長時間見ていると目が疲れます。
作業効率が悪くなるので、これまでなかなか仕事が終わらなかった人はデスクトップ画面を変更してください。
集中力を発揮できるよう青い壁紙にしたり、リラックス効果を発揮できるよう緑の壁紙にしたりしても良いと思います。

またデスクトップ画面がシンプルになることで、見やすくなる面がメリットです。
デスクトップ画面には様々なソフトや、フォルダが置かれているでしょう。
派手な壁紙だとどこに何があるのかわからず、必要なものがある時に探す時間が長くなります。
それも作業効率が悪くなることに繋がるので、この機会にデスクトップ画面を整理してください。
よく使うソフトやフォルダだけデスクトップ画面に出し、後はしまいましょう。

パソコンのデスクトップ用の壁紙を、無料でインストールできるサイトがあります。
それを活用して、好みの壁紙を見つけてください。
無料でインストールできるものはシンプルな壁紙が多く、デスクトップを整理したい時に向いています。
またSNSでは誰かが作成したイラストがありますが、それを無断で使用することは控えてください。
相手から許可を得たり、フリー素材なのか調べたりしましょう。

TOPへ戻る